TOP > 錯視作品紹介 > 錯視作品3兄弟VRVR


2.「3兄弟VRVR」

この作品は、弊社が開発した三次元画像に関する情報全部をコンパクトな動画ファイルに格納し、第三者に再配布 し、簡単 / 軽快 / 高品質に再生できる新技術 VR-VR (Virtual Realistic Volume Rendering)technologyを使用しています。マウスまたはキーボードの矢印キーで、オブ ジェクトを水平回転、手前から奥にクリップ深さを変えるなどして、自由に 3D像を観察することができます。つまり、決まった回転しかしない作品 1 と異なり、作品 2 は対話的に操作しながら、好きな方向から自由に切って見ることができます。向きや断面によっても、見え方は多様に変化致します。 illusion2013.gif

作品について

これらの作品は、陶器製招き猫の置き物を産業用 X 線 CT 装置で撮像し、得られた断層画像を三次元構築し、ボリュームレンダリングによって可視化し、作ったムービーです。

長男(中央)はいたって普通のボリュームレンダリング。次男(左)は最高輝度の画素を集めて投影 (projection)した MIP (Max Intensity Projection)表示で、素材の密度による半透明表現と言えます。 三男(右)は形状の輪郭によるレンダリングで、内部の中空構造を半透明で表現しています。

sakushisestumei.gif

 

戻る

最大100万円のIT導入補助金で通常価格の1/3で製品導入のチャンス! 断層画像(X線CT/FIB SEM等)の3D化ソフト ExFact VR 2.1誕生 3D画像解析が丸わかり 先着30名様に論文集を無料プレゼント 三次元画像をブラウザで簡単閲覧 データ共有やWeb公開も楽々