三次元透明模型 ExhiBits > ExhiBits 作品集


これまで制作してきた模型作品の一部をご紹介します。

どの模型もX線CTやFIB SEMなどの三次元画像デバイスで撮影した実物の「3D画像」を元にしています。この3D画像は、実物をスライスしたような数百枚の断層画像です。断層画像をプリントした透明なパネルを積層させて立体模型に仕上げます。ExhiBitsの詳細はこちらのページをご覧下さい。

また、より多くの皆様に3D画像の立体模型に親しんでいただけるように、既製品を購入できるネットショップ(NVS SHOP 3D積層フィギュア)を開設しました。主にいきものの立体模型を扱っております。


留め具で固定したタイプ

dicast_image_set.png led_image_set.png

ダイカスト製品

LED電球

鋳造品の内部構造を模型にしました。ボイドの大きさ別に色分けして一目で構造がわかるようにしました。色の付け方や仕上がりサイズも自由に変更可能。

LED電球の内部構造を模型にしました。基盤上の電子部品を個別に色分けして表現しています。電球の傘の部分はヒートシンクの役割を果たしています。

   
chest_image_set2.png kogane_image_set.png

人体胸部

コガネムシ

X線CTスキャナで撮像した人体の胸部を模型にしました。内臓の位置関係や血管の細部まで緻密に再現されています。

昆虫のコガネムシの模型です。透明なパネルを留め具に差し込んで固定しているので、一ずつ取り出して断面をみることもできます。

 ※写真をクリックして拡大できます

  

ネジで積層したタイプ

dango_image_set2.png kabuto_image_set2.png

ダンゴムシ

ゴホンツノカブトムシ

節足動物のダンゴムシを模型にしました。実物は1ミリほどですが、模型は高さ9センチあります。小さい対象を大きな立体模型にすることもできます。

昆虫のゴホンツノカブトムシを模型にしました。畳まれた後ばねの細部まで表現しています。あえて実物の色とかけ離れた彩色を行いました。

※写真をクリックして拡大できます

ダンゴムシ、カブトムシをネットショップで販売中

 

接着して積層したタイプ

mouse_image_set.png

マウス/ハツカネズミ

透明なパネルをすべて接着して積層した模型です。隙間なく積層することで、留め具で積層するよりも透明度の高い仕上がりになりました。実物の標本にそっくり。骨格や内臓別に色分けをしているので内部構造をよく観察できます。  

※写真をクリックして拡大できます  


ボックスにつめて積層したタイプ

dangoB_image_set.png

ダンゴムシ

節足動物のダンゴムシを模型にしました。ダンゴムシの断面がプリントされた透明なパネルを透明なボックスにつめて積層しています。中央の写真のように、一枚ずつ断面を取り出して観察することができます。

※写真をクリックして拡大できます

ダンゴムシをネットショップで販売中

  

さまざまなタイプ

melon_image_set.png

メロン

植物のメロンの内部構造を模型にしました。中心の緑色の部分はメロンのワタと種です。内部での並び方がよく見えます。円形の透明なパネルに断層画像をプリントして積層することで、実物のメロンと外見もそっくりな仕上がりにしました。

※写真をクリックして拡大できます


HOME_16x16-32.png  Exhibits TOPへ戻る     

 

 

 

  ご質問・お問い合わせ窓口

  日本ビジュアルサイエンス株式会社
  TEL:03-5155-5561(受付時間 平日9:00〜18:00)                                                 

  arrow06c.gif お問い合わせフォーム

 

 

3D画像解析が丸わかり 先着30名様に論文集を無料プレゼント 断層画像(X線CT/FIB SEM等)の3D化ソフト ExFact VR 2.1誕生 三次元画像をブラウザで簡単閲覧 データ共有やWeb公開も楽々