logoExhiBitscolor.gif 三次元画像からつくる立体模型サービス

arrow06c.gif 模型制作事業について

arrow06c.gif サービスイメージ

arrow06c.gif プレスリリース掲載

arrow06c.gif 作品集  

プレスリリース掲載

平成26年11月26日(水)の日刊工業新聞紙面に弊社新事業 三次元透明模型 ExhiBits(エキシビッツ)のプレスリリースが掲載されました。

2014/11/26 日刊工業新聞 三次元透明模型 Exhibits(エキシビッツ) 掲載記事

model.jpg

 

掲載記事全文

 日本ビジュアルサイエンス(NVS、東京都新宿区、滝克彦社長、03-5155-5561)はX線コンピューター断層撮影装置(CT)などで取り込む実物の3D画像をもとに、対象物の内部まで“見える化”するリアルな模型を製作する新事業を立ち上げる。CTから得た断層画像をソフトウエアで圧縮処理し、半透明なプラスチック板に印刷し積層させ模型を作る技法を考案した。自動車やエレクトロニクス、材料、土木、バイオ・医療などの試作・解析への応用も視野に幅広い産業分野へ展開を見込む。

 NVSは学術・教育分野を手始めに、同事業を開始する方針。NVSが開発した技法は、断層画像を印刷した半透明なプラスチック板を積層させた状態で、正面から見ると、1枚1枚の画像が精緻に重なり、対象物をX線で撮像したように内部が透けて見える。高額な装置で撮像する3D画像は通常、モニター上や印刷物で閲覧するが、模型化により、新しい表現法への道を開いた。

 この技法は部品の配置や材料の構造などを3D画像ではなく、実際に確認できるといった手法にもつながる。このため、産業分野の新たな試作化技術として、研究開発や製品設計にも応用できそうだ。

 立体データから3Dプリンターで模型を作ることは一般化している。だが、対象物の内部が見える上に、宙に浮いたような表現ができるのはこの技術だけ。対象物が生物ならば内蔵や欠陥まで透けて見え、分かりやすくするために血管への色付けなどの表現も可能。

 CTによる断層画像を単に印刷して積層してもリアルな模型は作れず、NVSが開発した独自ソフトウエアによる画像処理と、模型を見やすくセンスよく仕上げる技能がカギとなる。

 試作では昆虫のCT画像数百枚を画像処理で15枚に集約し、プラスチック板に印刷して積層した。昆虫の体の仕組みが精緻に分かるうえ、「1枚取り出して見ることもできるなど、展示物としてのデザイン性が高い」(滝社長)のも特徴。昆虫などの標本を新しい表現でみせることも可能。

 1品ごとの受託生産となり、料金は画像処理と製作を含め1個当たり20万円程度から。研究成果のプレゼンテーションや教育などでも新しい展開が見込まれる。

日本ダイカスト会議・展示会での展示

newsp_h.gif


サービスイメージ listmark3-2.png       listmark3.png ExhiBits作品集

 

  ご質問・お問い合わせ窓口

  日本ビジュアルサイエンス株式会社
  TEL:03-5155-5561(受付時間 平日9:00〜18:00)                                                 

  arrow06c.gif お問い合わせフォーム

 

 

動的イメージング用 小型万能試験機 圧縮/引張/曲げの応力変化観察 スライス画像(FIB-SEM/医用画像/連続切片画像)位置合わせソフト
3D画像解析 無料論文集 全14本 60ページ 断層画像(X線CT/FIB SEM等)の3D化ソフト ExFact VR 2.1誕生 三次元画像をブラウザで簡単閲覧 データ共有やWeb公開も楽々