logoAnalysis-porous_2dan.png 動作環境・詳細仕様

arrow06c.gif 製品概要

arrow06c.gif 機能・特徴

arrow06c.gif 動作環境・詳細仕様

arrow06c.gif 事例  

入力データ形式

X線CT、共焦点レーザー顕微鏡、TEMトモグラフィーなどから得られた連続的な断層画像
ExFact VR 2.0で断層画像を読込んで、関心領域の切り出しなどの前処理を行い、ExFact Analysisで三次元画像解析を行います。
ExFact VR 2.0は、TIFF、BMP、DICOM、装置独自形式など、多彩なファイルフォーマットの読み込みに対応しています。

商品構成

ExFact Analysis for Porous/Particles(多孔体や粒子向け)
ExFact Analysis for Fiber(繊維向け)
試料に応じて、どちらか、あるいは両方のソフトウェアをご購入頂けます。

前提ソフトウェア

ExFact VR 2.0 Windows用(64bit版)
※画像データの前処理と表示に使用致します。

ソフトウェア・ライセンス形式

USBプロテクトモジュールによるプロテクト

ソフトウェア動作環境

Microsoft Windows7,8の各Editionの日本語/英語版をサポートいたします。64bit動作は致しません。

メモリ4GB以上
フルカラー1280×1024以上のディスプレイ
USBポート(プロテクトモジュール接続用)


機能・特徴へ listmark3-2.png       listmark3.png 事例へ

 

  ご質問・お問い合わせ窓口

  日本ビジュアルサイエンス株式会社
  TEL:03-5155-5561(受付時間 平日9:00〜18:00)                                                 

  arrow06c.gif お問い合わせフォーム

 

 

最大100万円のIT導入補助金で通常価格の1/3で製品導入のチャンス! 断層画像(X線CT/FIB SEM等)の3D化ソフト ExFact VR 2.1誕生 3D画像解析が丸わかり 先着30名様に論文集を無料プレゼント 三次元画像をブラウザで簡単閲覧 データ共有やWeb公開も楽々